2012年10月31日

研究費申請書を書く

今週一生懸命やっているのが、ボスから割り振られた研究費申請書の読み書きです。
ボスが既にほとんどの部分を書いているのですが、
具体的な研究ターゲットについてのプランや今ある結果については
博士の学生およびポスドクが書くように関係者に割り振られました。
一週間で読んで書いてね!とのお達し。。。

こういう形で研究費申請に参加するのは初めての経験で驚いたのですが、
これが大変勉強になるので、良いやり方だなと思いました。
読んでいるとラボのバックグラウンドとボスの考えがつかめますし、
話の流れの作り方や表現の選び方などとても参考になります。
学生のうちから良い申請書を読む機会があり、また書かせてもらえるなんて
このラボの学生さんたちは恵まれているなぁとも感じました。

大体書くことのアイデアはまとまったので、
明日ボスとミーティングしたらががっと書いてみようと思います。
がんばるぞー!



posted by けむ at 20:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

リサイクルするものしないもの

イギリスに来て、日本と違うなぁ。。。!と思ったことのひとつがごみの分別です。
勤務先の大学のゴミ箱を見ると、
埋めるごみ(landfill)、ペットボトル、缶、ビン、紙、
となってます。
リサイクルするものは分別して、あとはみんなひとつのゴミ箱に入れてしまいます。
ごみは埋めるものなんですね。。。
リサイクルするかしないかも善意に委ねられているところがあるようで、
ゴミ箱の横にはリサイクルに協力してね!という趣旨のポスターが貼ってあります。
家から出すときはこれに生ごみも加わります。(地域によってやや異なるようです。)

さらに実験室でも、紙もプラもゴム手袋もみんなひとつのゴミ箱です。
割れたガラスやとがったものだけ分別します。

イギリス政府が発表している統計によると、近年ではリサイクル率は増加しているようですが、それでもずっとごみを埋め続けるわけにもいかないですよね。
最近では日本からイギリスへごみ焼却発電技術の輸出が行われており、また生ごみ発電なんてものもあるようです。
ごみ焼却発電にかかるエネルギー収支はプラスで、一応、発電所の発電量を肩代わりすると考えた場合には二酸化炭素排出量削減にも貢献するようです(参考:http://www.nies.go.jp/kanko/news/15/15-1/15-1-09.html)。
しかし燃やしても廃棄物は出るわけで、延命措置にしかならないかと思いますが。。。

調べていくと夜が明けそうなのでこのくらいにします!

ごみ処理問題には多くのアプローチがあると思うのですけれど、
これは科学で解決できる部分があるに違いない、
という考えに結局至ってしまう研究マニアの私でありました。



posted by けむ at 22:01 | Comment(0) | イギリス生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

イギリスの小麦粉

スーパーの小麦粉コーナーに行くとかなりの種類が並んでいます。
plain flour, self raising flour, strong bread flour, whole grain flour, pasta flour, brown flour, sponge flour...

お菓子作り好きとしてはわくわくできる品揃えですが、この中で薄力粉(タンパク質9g/100g以下)は、
というとなんとどれも違うようです。
大手スーパーSainsbury'sの製品の成分をネットで調べたところ、plain flourはタンパク質9.5g、
最も軽いのはsponge flourですがそれでもタンパク質9.3gでした。
どちらも分類は中力粉でやや重め、と思っておくと良さそうです。

そしてイギリスでとても人気のMary Berryさんの焼き菓子レシピ本を買ったところ、
最も多用されているのはself raising flourでした。
これは既にベーキングパウダーが混ぜてある粉です。
タンパク質量はやはり中力粉程度。
本には材料を量ってぐるぐる混ぜるだけのレシピが多かったのですが、
簡単かつ粉の特性に合っているレシピなのかもと思いました。

self raising flourを買ってきて、さっそくMaryさんのレシピでレモンケーキを焼いてみました。
木のスプーンでぐるぐる混ぜて焼くだけ。
生地が硬めで不安になりましたが出来上がりはなかなか!



焼いてる間になんとオーブンが故障したので、途中からグリルで焼きました(笑)
にも関わらずちゃんと膨らみました。
簡単なのにおいしい、さすがthe queen of cakesと呼ばれる方のレシピです。

他のケーキもチャレンジしてみまーす!

電子ブック版発見!


おまけ

オーブンが壊れた時のフラットメイトとの会話

フ「ケーキに何か入れた?」
私「レモン、、」
フ「まさかオーガニック!?しかもノンワックス!?そのせいだよ!」
私「その発想はなかった」
爆笑しました。落ち込まないよう気遣ってくれてありがとう友よ!

それにしてもスーパーでオーガニック、ノンワックスのレモンが気軽に買えるのは良いことですね。



posted by けむ at 22:36 | Comment(0) | イギリス生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。