2013年01月27日

オーガニックデリでお買い物

私のお気に入りのお菓子レシピの本のひとつが、なかしましほさんのケーキとマフィンの本です。



編み物ブログの方では何回か触れたことがありますが、素朴な味わいが好きなんです。

なかしましほさんはバターと牛乳のかわりに菜種油と豆乳を使うのが特徴です。
東京ではなかしまさんと一緒の平出油屋さんの菜種油を使ってたんですが、どうやらイギリスでも菜種油は流通しているようなので、近所のオーガニック食材のお店に行ってみました。



Rapeseed oil, first cold pressing, ばっちりです。

オーガニックのお店に行くと、他にも非加熱絞りの色々な油があります。
オリーブオイル、ごま油、くるみ油、かぼちゃの種油なんかもありました。
ちょっとお高いのですが、どれもおいしそうです。

イギリスはオーガニック食材やベジタリアン、ヴィーガン食材が価格についても店舗数についても(大手スーパーでも売っている)気軽に買える環境なのがいいな、と思います。

オーガニックデリは大抵小さめで、食料品の他にもパン(デリのパンはおいしい)や焼き菓子、おかずやエコっぽい生活用品も売っていて、ビニール袋はくれません。
また日本食材が豊富なことが多いです。
お味噌の横になぜか亀の子たわしがあって驚きました。
6ポンド近かったので800円くらいでしょうか。二度ビックリ(笑)

昨日は全粒粉とココナッツファインに豆乳も買いました。
これで大好きなココナッツスコーンが焼けます!


そうそう余談ですが、昨日はいい天気だったので、傘を忘れて買い出しに出かけてしまったのです。
しかしそこはさすがイギリス、突然雨が降ってきました。
で、近くにあったオーディオショップの軒下で雨宿りさせてもらっていたら、お店のひとらしき男の人が出てきて、これいっこいる?と新品の折り畳み傘をビニール外しながらほいっとくれたのです。
びっくりして、え、え、いいの?と聞いたらどうぞといってさっさとお店に戻って行ってしまうので慌ててお礼を言って有り難くいただきました。
その後雨が雹まじりになり、帰り道でも雨だったので大変助かりました。
ノベルティだったのかなんなのかわかりませんが、なんて親切なんでしょう!
今度ヘッドホン買おうかと思っていたところなので、あのお店に買い物に行こうかなと思います^^



posted by けむ at 20:58 | Comment(0) | イギリス生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

映画はお好き?

回転寿司のあとは映画館でタランティーノのジャンゴを観ました!

映画館は暖房故障で極寒にもかかかわらず満員でした。
この日は携帯電話会社が一枚チケット買うともう一枚無料、というクーポンを出していたためだと思われます。
私たちもそのクーポンを利用して、ひとり3.5ポンドで映画を観られました。
ヨーロッパの人はどうやら映画が大好きなようで、みんなしょっちゅう映画の話をしてますし、足しげく映画館に通っています。
そのひとつの理由はチケットが比較的安いことにあるのかもしれません。

私も日本では滅多に映画館には行かなかったんですが、こちらに来てからは周りの人に誘われてもう何度も行っています。
にわか映画ファンになりつつある気がします。

さてジャンゴはなかなか楽しめたのですが、周りの人が、え、そこ笑うところ!?ってところで笑ってたりして、興味深かったです。
特にバイオレンスなシーンでは私は固くなってしまってどうも笑う余裕はないので、 ヨーロッパの人との笑いのツボの違いというよりは個人レベルの差もあるかもしれませんが。
またドイツがらみの話題が出てくるのもあって、同僚のドイツ人はさらにまた周りと違うところで大笑いしてたりしました。

あ、レオナルドディカプリオがほんとーに嫌な感じで、大変上手でした。
ディカプリオってあんなに嫌な声だったっけ、と感心しちゃうくらいです。


帰ってきてフラットメイトとタランティーノの話をしていたら、キルビルのDVD持ってるけど今度観る?という話になって、昨日は一緒にキルビル観ました。
フラットメイト(スペイン人)はタランティーノはそんなに好きじゃないけどキルビルはすごく好き、だそうです。
日本人から見ると外国人が作ったチャンバラ映画という感が強いですが、フラットメイトから見るとなにもかもがクール、と感じるようです。

しかし一週間に二本のタランティーノはちょっと血の量が多過ぎたようで、昨晩は悪い夢をみました。。。

今日は良いお天気なので午後は青空を堪能してきます!




posted by けむ at 11:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

イギリスにも回転寿司やさんがある

昨日は回転寿司に行ってきました。

大きなショッピングモールの中に入っているチェーンのお寿司のお店です。



早い楽しい新しい!
たいへん正直なキャッチコピーです。
安いうまいは入らない(笑)

お店は満員で行列ができていました。
イギリスでも和食はとても人気なのです。
店内はすごく近代的な雰囲気。



でもBGMは山口百恵など昭和歌謡が流れてます(笑)

回転寿司と言ってもにぎり寿司はたまご、サーモン、まぐろくらいで、あとは軍艦いくつか、巻き寿司、手巻きタイプのお寿司、唐揚げや枝豆、チャーハンにやきそば、照り焼きにてんぷら、チョコレートケーキなどなんでもベルトの上を流れています。
直接オーダーするとちゃんとご飯が温かいお寿司がでてきます。

お米はもち米?というくらい粘りがありました。
まぐろの赤身とたまごはまずまず、サーモンのお刺身はさすがおいしかったです。
しかし、たまご1.8ポンド、まぐろ二貫で3ポンド、手巻きはひとつ3.5ポンド、お刺身は4ポンドとなかなかのお値段で、日本の回転寿司の品質と価格に慣れているとものすごく割高感があります。

ただメニューが、 ティラピアを使った前菜、ハムやらマンゴーやらチーズにアボカドといった変わったねたの巻き寿司や、カスタードどらやきラズベリーソース添えという大変ブリティッシュなデザートなどバラエティー豊かで、お寿司がヨーロッパで独自の進化を遂げていることを知ることができ、私としてはなかなか楽しめました。

ま、そうは言ってもやはりお寿司は日本で食べるのが最高ですね。
あぁ、日本を出発するちょい前に先輩にごちそうしていただいたお寿司、おいしかったなぁなんて思い出してしまいました(笑)




posted by けむ at 23:22 | Comment(0) | イギリス生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。