2012年05月29日

ポスドク先探し、アプライしてみる

海外でポスドクをやりたい!とか言いだしたのはD3の10月頃だったかと思います。
オットとたくさん話して、理解してもらい、
実際アプライを始めたのは次の年の1月からでした。

まず学会で名刺交換した教授(共同研究先のA先生と知り合い)にCVと共にアプライメール
→返事無し
→A先生に聞いてもらう
→最近何人かポスドクやとったばかりだよごめんねと言われる
→海外学振の受け入れ研究者になってもらった

A先生の紹介で2カ所にメール
→一カ所から返事あり、推薦書送ってと言われる
→A先生はすぐに送ってくれたけれど、自分の研究室の教授が送るのがかなり遅かった(1か月以上後に送ってくれた模様)
→A先生のところに検討してくれている様子の連絡がきたが、具体的な話はまだ出ず

という状態で、この時点でオーバードクターで4月に突入。
3月に卒業要件を満たせたので、後は仕事が見つかったら
すぐに学位取得の最終審査を受ける、という方針になりました。

教授の紹介とは別に、公募も見てみるかな。。。ということで、
探してた時に目に留まったのがイギリスのO大学の
求人ページにあったポスドク公募でした。

公募内容は私の博士課程の研究内容ととてもマッチングがよく、
役に立てます!とアピールできそう。

で、公募の内容をよく読んでみると共同研究で2個ポストがあって、
私が応募すべきは多分もうひとつのBristol大学のポスト。

えーと応募締め切りは。。。今日の17時だよ!!!(その時点で14時)

怒涛の勢いでCVとカバーレターを作って、
大学のオンラインアプリケーションフォームから送信!
アプライした時間は、なんと16:59:30。
あぶなかった。。。

このアプライ先がこの後雇ってくれたボスなのですから、
ほんと物事はタイミングなのだ、と思ってしまいます。






【ポスドクアプライの最新記事】
posted by けむ at 23:00 | Comment(0) | ポスドクアプライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。