2015年08月24日

ビザを延長する

長らく更新しておりませんでしたが変わらずイギリスで研究しております!
こちらでの契約はもともと3年間でしたが、契約を延長してもらえたのでビザの延長手続きをしました。それにしても3年間って長いと思っていたのにもう過ぎ去ってしまったのですね。。。Time flies...

延長申請が無事済んだので記録を書いてみようと思います。情報は2015年8月現在のもので、システムはかなり頻繁に変わるのでご注意ください。UK Home Officeの公式情報はこちら
さて私はTier 2(General)ビザを持っています。今回は1年の延長なので、申請はTier 2 (General)less than 3 yearsです。延長申請には郵送と国内にいくつかある窓口での申請(Premium Service)と大きく2種類に分かれます。郵送だと2−3か月くらいパスポートが手元から離れることになるので、当日に審査結果を教えてくれて、提出書類も返却してくれる窓口申請を選びました。
まず申請準備として、
1.大学からCertificate of Sponsorshipを発行してもらう。
これは大学のHuman Resourceが私が連絡する前に手続に関する連絡をくれました。相変わらずとても頼りになります、大学のHuman Resource。

2.窓口申請の予約をする
オンラインで申請日を予約できます。以下のページに予約ページのリンクがあります。
https://www.gov.uk/ukvi-premium-service-centres

3.Health Surchargeを支払う
2015年4月から新制度が始まったようで、ビザ申請する外国人はNHSの利用料としてHealth Surcharge(私の場合は200ポンドでした)を支払う事が必要です。オンラインで支払いできます。2の予約の途中でも支払ページに飛ぶことができます。
しかし私はすでに3年も税金を納めているのに今またHealth Surchargeなるものを払わなければならないことにだいぶ不満を覚えました。。。移民にたいする制度は厳しくなるばかりですね。

以上で事前手続きは完了です。あとは必要書類をそろえるのみ!

私が準備した書類は以下のものです。

・窓口申請専用Paper Form
   こちらのページにあるリンクからダウンロードできます。
・パスポートサイズの写真2枚、裏に記名
・現在のパスポート
・過去のパスポート
・婚姻届受理証明書
   役所に頼むと発行してくれます。旧姓がある人はその証明が必要なので用意しました。
・婚姻届受理証明書の翻訳と翻訳証明書
   日本語の書類にはプロによる翻訳と証明書が必要です。今回は翻訳のサムライさんを利用しました。翻訳証明書には翻訳者の直筆署名が必要なのですがこちらの会社は証明書を必ず添付してくれて、申請に必要な要件を満たしていたのでお願いしました。とても迅速な対応で良かったです。
・Certificate of Sponsorshipのコピー
・イギリスの運転仮免許証
   必要ない気もしましたが念のため。

Paper Formは大量なので何度も見直しました。英語の試験は延長の場合は前回英語能力を証明済みなので受ける必要はなしでした。

申請窓口は一番近いCardiffにしました。予約の15分前に窓口事務所に行くと(早く行っても外で待たされます。。)、セキュリティチェックの後窓口に通されます。受付で名前を言うと受付番号をくれるので待合スペースで自分の番号が呼ばれるまで待ちます。呼ばれたら持ってきた書類を全部渡します。申請するビザの種類、Health Surchargeの支払いが完了しているか、CoSの確認などはしますがPaper Formのチェックとかはしてくれません。記入漏れがないよう気を付けましょう。
再びしばらく待つとブースに呼ばれて、Biometric Residence Permit(BRP, ICカードタイプのビザ証明書)用の写真撮影と指紋登録をしたら申請手続きは完了です。ここまでで1時間半くらいかかったと思います。そのまま待合スペースで結果待ちをしても良いですし、外にでて待つこともできます。外に出たい場合はその旨と電話番号を伝えれば結果が出たときに電話をくれます。私は出て1時間もしないうちに電話が来ました。
再度セキュリティーを通って結果と提出書類を返してもらって終了!
万が一通らなかったらどうしようと不安になったりしていましたが無事延長が受理されて一安心です。

後日BRPが要署名の宅配便で送られてきます。しかし配送会社のDxdeliveryは平日の9時から17時しか配達してくれず、基本時間指定ができません。6ポンド払うと9時から13時もしくは13時から17時を選択できますが。それで仕方なく休みを取って待っていたら突然テキストで配送できませんでしたのメッセージが。。。!HPにちっさく書いてあるリンクから電話番号を探しだし、電話をかけるも応答なし。5回目くらいにやっとつながって、ドライバーのアクシデントで今日は配送できませんとか言われました。配送センターまで取りに来れば渡せると言われ、はるか遠くのセンターまで取りに行くはめに。散々な一日になりました。どうもHome Officeの専属契約している会社のようなのですが、サービスの悪さにうんざりしました。そこはRoyalMail使ってほしいところです。。。

色々大変でしたがなんとかBRPを手に入れました!さてかかった費用概算ですが、

651ポンド ビザ申請費用
400ポンド Premium Service費用
200ポンド Health Surcharge
25ポンド  翻訳費用(5000円)
5ポンド  パスポート写真

プラス日本からの書類取り寄せ費用とCardiffへの交通費、BRP受け取りのための交通費がかかりました。
合計1400ポンドくらいでしょうか。このうち大学はビザ申請費用の半額のみ負担してくれるそうです。

大学にはヨーロッパの国々から来た人たちがたくさんいますが、こういうビザ申請をすると日本とヨーロッパ諸国の扱いの違いをまざまざと感じます。。。大学の教授なんかは高度教育を受けた人材にもビザ申請の負担を過度にかけるのは間違ってるとか言ってくれるのでまだ良いですが、移民が歓迎されていないという事実を長くいればいるほど感じるように思います。それでもイギリスの暮らしはとても気に入っているので、受け入れるしかないのですけれど。

あまりにさぼってしまったこのブログですが、また日記も書いていきたいなぁと思っております!



posted by けむ at 01:36 | Comment(0) | ビザ申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

ビザ申請に必要なモノコト、その2

今日Bristolに到着しました!
ビザ発行からフライトまで1週間ちょっとの強引な日程でしたが
やっとイギリス入りすることができました。

さてビザ申請を改めてまとめてみました。

Tier 2 (General)に申請しました。

まずTOEFLを受けました。(詳細は以前の記事で。)
オンラインでのスコア確認まで試験日から10日、
自宅にスコアが届くまでに6週間かかりました。

スコアを待っている間に、
大学に学士、修士、博士の学位証明書を
大学から送られてきた書類に記入したものと共にメールで送り、
Certificate of Sponsorshipを発行してもらいました。
そのナンバーを確認したのち、TOEFLのスコアが届いたので
オンラインアプリケーションをして、ビザ申請の予約をしました。

結局ビザセンターに提出した書類は、

パスポート
顔写真
過去のパスポート(過去10年の海外渡航歴の確認のため)
オンラインアプリケーションを印刷したもの
Tier2用 appendix(UKBAのHPからダウンロードして記入)
TOEFLのスコアとそのコピー

のみでした。
Certificate of Sponsorshipでかなりポイントがフォローされるので、
書類は少なかったです。

10日ほどでパスポートが返ってきました。
結果としては思ったほど面倒じゃなかったです。
無事にビザがおりてよかったです。





posted by けむ at 20:26 | Comment(0) | ビザ申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

TOEFL iBTを受けてみた

Tier2(General)を申請するにあたり必須な英語の試験。
いくつか種類がありますが、一番早くスコアが出て、
申し込みも一週間前までできるのでTOEFL iBTを受けました。

必要スコアは
level B1 of the Common European Framework for Reference (CEFR)
だそうで、TOEFLの場合は
Reading - 4
Listening - 9
Speaking - 16
Writing - 13
です。(2012年6月現在)

そんなに厳しくはなさそう。。。ですが、
やっぱり一番心配なのはSpeakingでした。
Speakingの日本人の平均点は15点らしいです。

参考になるか不明ですが、私の英語経験は、
5年前にアメリカに3カ月滞在したことあり、
研究発表は学科の方針で3年前から全て英語、
海外学会3回参加、という感じで、
あとは普通に院生が読む量の論文を読み、
英語で論文を書いています。

TOEFL対策は、試験を申し込むとアクセスできるようになる公式サンプル問題と
TOEFL iBT speaking practiceとか検索して拾ってきたSpeakingの問題とを
前日にやっただけで挑んでしまいました。

感想としては
Reading:とにかく時間が足りなかった。時間内に2/3しか解けず。。。
Listening:理系話題と文系話題で理解度が全然違った。感触は普通。
Speaking:回答準備時間が短くとても難しい。不安の残る感触。
Writing:やはり時間が足りない。二問目の最低単語数300wordsは満たせず。
でも毎日学位論文書いているので一番感触が良かった。

そしてスコアは、(お恥ずかしいんですが参考になれば。。。)
Reading - 17
Listening - 19
Speaking - 17
Writing - 22
でした。

Speakingあぶなかったー!よかったー!
Speakingの内訳をみると、
日常的な話題よりも講義を聞いてまとめる形式の方が高得点でした。
アカデミックな内容の問題に助けられた形になったんだと思います。
Speaking対策で良く言われるテンプレートを用意しておいて答える、というのは、
質問の形式にそぐわなかったりすると結局自分でアレンジしなくてはならないので
テンプレートを丸ごと覚えていってもあまり役に立たないという印象でした。

それにしてもこうして見ると普段やってることが反映されたスコアで、
TOEFLってよくできてる試験なんだな、と思いました。
そしてBiologyの講義とかはやっぱりすごく良く分かる。
歴史とかはきつい、というのも感じて、言葉は慣れなんだと実感。
研究者にとってはTOEICよりもTOEFLの方がひょっとすると
解答しやすいのかもしれないと、思いました。

あと、前日にSpeakingの難しさにおののいて
夜遅くまで練習してしまったのですが、
そんなことより良く眠ることが大事だったと反省しました。
試験は全部で4時間ほどと長いので、眠いととてもつらいです。

ともかく!辛うじて基準スコアを越えたので、これでビザ申請ができます。
ビザ申請には郵送で自宅に送られてくるスコアを提出しなければならないので、
(申請センターに問い合わせたらオンラインスコアのコピーは不可とのことだった)
その到着待ちになりますが、一安心です。


posted by けむ at 19:01 | Comment(0) | ビザ申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。